施設案内

「利生院」とは、300年以上の歴史があり、建物も築100年以上とされます。

名称は、隣接する紅葉八幡宮にある「利生の水」に由来しています。

紅葉八幡宮のHPには「藩主がこの地を訪れられた折、急の腹痛に悩まされました。山頂の稲荷神社を守る山伏に祈祷させ水をいただくとたちまち腹痛は治りました。藩主は大変お慶びになり、庵を建て利生院と名付けられ、山伏を住まわせました。現在も紅葉山の北側にお堂が残っています。」と紹介されています。

https://momijihachimangu.or.jp/keidai/